一重まぶた用メイクの提案

一重まぶたのアイメイク

最近はアイメイクもどんどん発展してマスカラではなく、マツエクやつけまつげをはじめメヂカラをメイクで演出することもできるようになりました。

また、アイプチなども今なお人気でやはり一重よりも二重のほうが人気だったりもします。

 

しかし、一重まぶたでもアイメイク次第で魅力を演出することだってできるんですよ♪

 

女優さんでは吉高由里子さんや黒木メイサさんなど、メイク次第であんな素敵なアイメイクもできるんです。
そこで一重まぶたのメイク方法を見ていきましょう。

一重まぶたを生かすアイメイク

ますはアイラインからです。
目頭からしっかりと少し太めにアイラインを引き、目尻はやや長めに、跳ね上げるようにラインを描きます。

 

ここでアイラインが細いと、まぶたに埋もれて存在感がなくなるので、目を開けたときに見えるくらいの太さになるまで、微調整をしながら描き足します。
一重まぶたの多くの方が、まつ毛の根元が瞼に隠れるので、アイラインはそんなに意味がないとまで感じる方が多いのですが、
目を見開いたときや、感情をあらわにする際に違いが出るので、ここは手を抜かないように!

 

最近はナチュラルメイクが主流なのでアイラインのカラーはブラウンやナチュラルブラウンなどがいいでしょう。

 

その後、下まぶたの目尻から1/3の部分にもアイラインを入れます。これをすることで目が大きく見えます。
そしてアイシャドウです。
一重まぶたの方は、まぶたがぼったり感があるように見えるためにアイシャドウは、寒色系のものを選ぶのがポイントです。
グレーやブラウン、グリーンなどクールな印象になれますが、ほかの部分のメイク次第でワンポイントとして見えるので、
クールなメイクも、ふんわりメイクも両方をかなえることができます。

 

アイホールに、明るい色をのせたら、まぶたの際の部分に濃いめのグレーなどを入れましょう。目じり側を濃くすると、目の横幅を大きく見せることができます。
そして下まぶたの際に薄くグレーをいれると目の印象がUP。やりすぎるとパンダメイクになりがちなので、薄く乗せるがポイントです。

 

 

最後にまつげの加工に入りましょう。最初に、ビューラーでまつげを上げます。ロングタイプのマスカラだとまぶたについてしまうので、ボリュームタイプを選び、根元からたっぷりつけてください。

 

マスカラが乾いた後に、ホットビューラーを使ってカールを記憶させれば完成です。
一重まぶたの特徴を生かして、素敵なアイメイクをしていきましょうね。

 

また、一重まぶたの方はまつ毛が見えにくいからこそ、リバイタラッシュの育毛効果は注目ですよ。
これらの一重の方のメイク方法には、やはりまつ毛の本数や長さがあると印象はとても大きく変わってきます。