アイメイクでデカ目をするときはまつ毛への負担を考えて!

目力をアップしたい時やデカ目効果が欲しい時は「まつげをメイクで盛る」が正解ですよね。つけまつげまつげエクステをすると目がとても大きく見えると言うのは、皆さんもご存知の通りです。つまりいかにまつげが重要かということですよね。しかもそれに対してつけまつげやまつげエクステをしなくても、まつげがボリュームアップしてデカ目に見えるメイクの仕方があるんですって。そのメイクの仕方のことを「書きまつげ」と言うんだそうです。でも書きまつげと言う事はメイクを落とす時にもちょっと面倒になりますよね。アイライナーは、クレンジング落としにくくて、松木が抜けてしまう原因の1つでもありますよね。なので、一応緊急事態のときのためにどうしてもこの日だけはと言う時のために下記まつげのメイクのポイントを記述として覚えておいて、やっぱり普段はちゃんと自分のまつげを育てるようにまつげを育てる「松井9」が必要でないかなと思います。まずは下記まつげのやり方のテクニックだけは基本的に押さえておきましょう。下記の次の3つのポイントというのがあるんです。下記まつげのメイクはいかに自然な松木に見える化が重要なポイントなんですけどそのためにも次の3つの点を気をつけてメイクしましょう。
@柿の次はブラウンのリキッドアイライナーを使用
描いたまつげが肌に馴染んでいると自然な印象になりますよね。そのためにもブラウンで影っぽく演出することが大切です。黒のマスカラを塗った後に下瞼にブラウンのアイシャドーを仕込みます。そうすることで、黒のマスカラでまつげをボリュームアップさせた後にその影をブラウンのアイシャドーで演出することでデカ目効果がいっそう際立つと言うことらしいんです。そんなバッチリおめめのメイクができた状態で上目遣いで異性を見たら「男性は絶対にあなたのことを意識せざるをえなくなる」なんて言うことを当然当たり前のように起こりますよね。
でもですねやっぱりメイクでごまかすとなると逆にもしそのあなたが気になっている異性からよく見られたいと思ってその作戦が口をそうして付き合うようになったとします。そうなると自然とそのうちあなたのすっぴんも見るようになると思うんです。その時にもしがっかりされたらとんでもないことになりますよねあまり想像したくありませんけど…そこでやっぱり下まつげにしても上まつげにしても「ちゃんと育てておく」ことが大切だと思います。それと普段からビューラーなどで負担をかけてまつげが抜けるような力を加えてしまったりしないように気をつけるというのも大切だと思います。